お店・施設向けスマホ予約システム    人生も経営もやる気とやり方次第!感動の講演!!    超低投資居酒屋FC   

バーを繁盛店にする為に経営者がなすべき事

あなたのバーを繁盛店にする為に経営者としてやるべきことは何か?
まず、やるべきことはたったの2つです。

 『あなたのバー 独自のコンセプトを明確にする』
 『常連さん・リピータを大事にする、新たな常連さん・リピータを育成する為の仕掛けを常に準備する』

この2つの事だけです。 「え!! たったそれだけで!?」と思われるかもしれません。
しかし、実際に儲かって笑いが止まらないお店がやっていることなのです。
だまされたと思ってやってみてください。

◇あなたのバー 独自のコンセプトを明確にする

なぜお店独自のコンセプトを考えることが、バー経営にとって必要なのでしょうか?
なぜなら、あなたのバーは、大手資本の直営店やFC店と戦わなければならないからです。 誰もが知ってるあの「ブランド」のお店と真っ向勝負をしなければならないのです。
実は競争相手は、それらのビックネームだけではありません。あなたのバーと同じような小さなお店、それらも全て競争相手なのです。
『うちはごく普通のバーです。』
それで本当に競争相手に勝てますか?ビックネームのチェーン店と渡り合えますか?多くのお店と比べてお客さんに選んでいただけますか?
こちらの兵力は少ないのです。
力を一点に集中させる必要があるのです。力を分散させてなだめなんです。
あなたのバーならではの特徴、あなたのバーの強みを明確にする必要があります。そして、それを徹底的にアピールすることが大切です。

あなたのバーは「何業」なんですか?


まずはこの問い掛けに答えるところから始めましょう。あなたのバー経営のコンセプトを決定する上で最も重要な部分になります。

 『バーなんだから、そりゃ「飲み屋」だろう』

もちろんそうです。しかし、そういう話ではないんですね。
例をあげましょう。

 『地元の顔役と立場の違いを超えて知り合えるようになる場の提供業』
 『家ではなかなか食べられない旬のツマミでウマい酒を飲めるバー』

例えばこれがバーのコンセプトです。他のバーと差別化する為のキーワードです。もちらん、これは一例であり、正解があるわけではありません。
しかし、あなたのバーを単なる「飲み屋」と捉えるのではなく、上記のようなコンセプトで捉えた場合、いくらでも経営者としてやるべきことを思いつくはずなんです。

 『自分の名刺とかを自由に貼りつけられるようなボードを用意して置いておいたらどうだろう…』
 『うちの店のお客は、○○業界の人が多いから皆を引き合わせるような仕組みが出来ないか…』
 『よし、毎月の旬の食材をひとつ選んで変わったツマミを作ろう…』

といった具合です。

◇常連さん・リピータを大事にする、新たな常連さん・リピータを育成する為の仕掛けを常に準備する

なぜ常連さんやリピータが重要なのでしょうか? バーの経営においては、新規顧客の方が重要ではないんでしょうか?
これは間違いなく、常連さんやリピータを優遇すること。あるいは新たな常連さんやリピータを育成する事の方が大事です。
なぜなら、新規の顧客をいくら集めても、そのお客様を「常連客」「リピータ」に育ててゆかなくてはいずれじり貧になるからです。
街の小さなバーにとって、新規の顧客なんて母数が限られているんです。いづれ1年もすると一巡してしまいます。だから、多くのバーがすぐ傾いてゆくのです。
最初は物珍しさで来店してくれます。「新しいバーだね、ちょっとのぞいてみよう」というような具合です。ですから、開店当初はたいがいのバーがソコソコうまくいくんです。
しかし、そこで常連さんがつかないとなると、不思議と客数は右肩下がりに減っていきます。
新規顧客が大事なのは十分理解しています。しかし、繁盛店の考え方は異なります。
 「新規のお客様は常連さんが連れてきてくれるものだ」
まさにこの考え方こそ王道なのです。
あなたのバーのファンを作るのです。
ファンは、毎月のようにやってきてくれますし、お友達も連れてきてくれるのです。
ファンは、あなたのバーを応援したいのです。

ではどうやって、常連さんやリピータを優遇するのか。あるいは新たな常連さんやリピータを育成するのか。


ここで登場するのが、あなたのバーのメール会員・モバイル会員を獲得し、メール配信を行うことが可能なショップメールのメール配信サービスです。
先に述べました、お店のコンセプトに合わせてですが、会員さんを優遇してあげるのです。あるいは常連さん候補を常連さんに育成していくのです。
メール会員に登録頂くくらいですから、あなたのバーのコンセプトには共感を得ています。
あとは、そのコンセプトに合った、ちょっとした優遇をしてあげてください。
では、どんな優遇をしたらいいでしょうか?
ここが重要なところです。メール会員・モバイル会員へのメール配信というと、とかく「○○%割引」などという事ばかりが強調されがちです。
もちろんそれも悪くはありませんが、本当はちょっとした気配り、サービスの方が喜ばれたりするものです。
『会員限定』というところもミソです。あなたは常連さん(候補)だから優遇しますよ、というわけです。

こんな感じはいかがでしょうか。
受信感度 電池

Bar○○○○です。

メール会員のご登録の皆様こんばんわ。いつもご来店ありがとうございます。

恒例の「メニューには載らない今月のツマミ」の発表です。
今月の旬素材は「アスパラガス」に決定です。
今朝も市場に仕入れに行きましたが、いいものが入ってきてましたよ

いつもと同じなんですが、メール会員様限定なのでメニューには載せてません。

絶対イケルと思うので、ご希望の方は是非声をかけて下さい。



このようなちょっとした心配り、サービスを毎週、あるいは2週間に1回、まあ月に1回でもいいです。考えてメール配信をし続けてみてください。
きっと、あなたのバーにも常連さん・リピータが増えていきますよ。

利用規定  プライバシーポリシー